本当に困った人へを救う!FINESTのマナー研修はここが違う

FINESTのビジネスマナー5原則

社会人になって最低限必要なビジネスマナー5原則をご存知ですか?このビジネスマナー5原則を身に付けることで大きな自信になります。FINESTの研修ではこの受講前に5項目の中で自分が足りないところを意識して、受講後にすべてのバランスが取れるように指導します。

5原則
笑顔が与える安心感
 あなたの笑顔を変化させる!仏頂面から最高の笑顔へ
挨拶で相手との距離を縮める
 挨拶で他社に差をつける!挨拶こそ最高のアプローチ
信頼につながる立居振舞い
 お辞儀で見定められるおもてなし(接遇)の心!
 お客様のご案内、美しい所作
身だしなみ好印象
 身だしなみとおしゃれの違いを理解し、自社の服務規程から見る身だしなみのマナー

感じの良い言葉選びの言葉遣い
 NGな言葉遣い、敬語はゲームで楽しく理解

何故マナーが必要なのか?

自己満足から顧客満足へ

「おもてなしの気持ちさえあればビジネスマナー、接客マナーなんてわざわざ習わなくても大丈夫です。」「個性が大事だからビジネスマナーなんて習う必要ないですよね。」「自己流でやってきて問題ないのでそれで良いです。」会社から受講を指示されFINESTでマナー研修を実施する受講者の中にそんなお声を聞いたりします。
「出来ている」「これで大丈夫」は、『自己満足』です。それは学生までは許されたこと。しかし社会人になったらお客様や組織が満足する『顧客満足』を目指さねばなりません。お客様は「外部顧客」、組織は「内部顧客」と言います。
ビジネスマナー研修の必要性
マナーは建物で言えば土台部分です。土台がしっかりしていないと、上に載せようと思っている個性や経験が素晴らしければ素晴らしいほど、大きければ大きいほど不安定になってしまいます。せっかく作り上げたものが崩れ落ちてしまいます。
土台部分のビジネスマナー、接客マナーが身についてこそ個性、自己流が上に上に伸びていきます。野球選手も素振りから、ピアニストも音階から、すべて基本からのスタートです。 ビジネスの基本、コミュニケーションの基本はマナーです。 マナーを制したものがビジネスシーンを制します!

「心」を「形」にするマナー

あなたの「心(気持ち)」は「形」にしないと相手に伝わりません。どんなにおもてなしの「心(気持ち)」を持っていても、笑顔がない、お辞儀もしないといった「形がない」状態ではどうでしょう。「心(気持ち)」の中を開いて見てくれる人はいません。相手は外に出ている「形」を見て判断するです。その「形」をないがしろにしている人が多くいます。そんな人をみると非常にもったいないと感じます。そんなに良い「心」を持っているのに、その「形」では伝わらないのに、見ていてとてももったいない、何とかしてあげたいと思います。表現する「形」は自己流の「形」ではなく「正しい形」でないと相手に正しく伝わりません。FINESTの「ビジネスマナー5原則」は、この正しい「形」を教えてくれます。本当のあなたを「正しい形」で分かってもらいましょう。

ご受講後のビジネスマナー5原則の成長

FINESTのビジネスマナー研修で受講後大きく変わります!

FINESTの研修では、この5原則を受講前、受講後に分けて自己診断していただきます。ご受講後皆さんの5原則の5角形がこんなにも大きく変わります!

「早く会社で成長した自分を見てもらうのが待ち遠しい」
「今までの自分がもったいない」
「電話対応がホテルのフロントのようだ!」

【研修ご受講者の声】 ご受講後のアンケートで皆さんの自覚スキルがこんなにも大きく変わりました!

FINESTの強み~受講者さまより

FINESTで企業研修、個人講座をご受講されたお客様には、FINESTならではの特徴・サポートに大変ご満足頂いております。研修をご受講いただいたお客様のお声から、FINESTの強みをまとめました。

point1結果を出す!個別のニーズに合わせたオーダーメイドの研修

point2高い講師の質!他の研修会社の講師も依頼を受ける講師陣

point3実務を知った研修内容!豊富な経験に基づく実務を知って構築された研修内容

  • 代表が元ANAの客室乗務員出身であり、且つ研修講師をJALで経験し、更にはみずほ証券で金融経験もありと幅広い視野を持って研修を構築しています。
  • 受講者を飽きさせないオリジナルの研修を実施しています。
  • 座学の後のワークショップで、学んだことを行動化に導く研修内容です。

FINESTの研修で「研修後」変わる受講者

本当に困った人を助けたい。それがFINESTの思いです。

受講の目的は何か?それは「変わる」ことです。見出しの○○には「変化」が入ります。
現状に何か悩みを抱え、その悩みを解決し、研修後に理想とする人に変わって帰ることをコミットメントしています。

が変わった
表情が変わった
見た目が変わった
態度が変わった
言葉遣いが変わった

ビジネスマナーの5原則がしっかり「体」に身につき、自分に自信がついた足取りは皆軽やかです。
何かに悩まれている方!是非FINESTの研修に参加してみてください。自分の変化に喜びを見つけることが出来るはずです。

ルールを守らないことには厳しく!愛情ある指導

「厳しく指導してくれ!」というご依頼を頂くことがあります。

FINESTの研修の厳しさは、怒鳴りや威圧的な指導はありません。ルールを守らない事に対して、失敗を繰り返すことに対して厳しく指導します。
●ルールを守らない=出来ることなのにやらない
●失敗を繰り返す=失敗しないような意識が不足している
なぜここに厳しいのか。それは知らないこと、出来ないことに対してではなく、知っているのにやらない、努力をしないからです。そしてそのことに気付かせる指導を行います。1例として、イエローカードを渡し注意警告を与え、イエローカードが3枚になるとレッドカードになりペナルティが与えられます。そして不思議なことにイエローカードが2枚になったところで、彼らは変わるのです。3枚にならないように、意識を高めます。そのように成果につなげる厳しさがFINESTの指導です。

職場における厳しさと信頼関係

研修の厳しさと同様に、職場における厳しい指導に悩まれる方も多いと思います。気を付けたいのは、人間関係が構築されていないうちに威圧的な厳しい指導をしてしまうと、信頼関係を取り戻すまでに時間がかかります。

信頼は信頼BANKに信頼貯金が貯まってから、引き落として使えるものです。信頼貯金がないのに信頼しろというのでは受講者も部下も納得がいきません。

愛情を持って指導することで受講者や部下が変わっていく姿を我々は多く見てきました。愛情は優しい言葉をかけることだけではなく、指導において部下の為にちょっと工夫をすることで短時間で気持ちよく言葉を受け入れてくれます。一生懸命に指導する講師や上司の姿に信頼の貯金が貯まっていきます。
現代における学校教育や社会環境の中で、厳しい指導の在り方を考え実践しているFINESTです。

▼FINESTへの研修のご相談、お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る