新入社員研修&新入フォローアップ研修

企業の人材育成

企業の人材育成で必要な事は、長期的な目線で社員に会社の『期待』を共有しながら指導する事です。将来会社でこのように活躍してほしいという未来マップを提示し、今自分達がどこにいるのか、次に目指すべきポジション何処で、社内の誰が見本なのかを明確にすることが、社内での目標が生まれ、離職率の低下につながります。

👉新入社員が1年目に目指すべきは、社会人としての業務スキルを習得し、業務におけるスペシャリストです。

新入社員研修

●新入社員研修の時期は?

実施時期によって企業の様々な目的があります。
・3月下旬・・・4月の入社式には完璧な状態で迎えたい。
・4月上旬・・・入社後最初の段階で、ビジネスシーンで必要なマナーを身に付けさせる。
・4月上旬~5月末まで・・・FINESTでは最長8日間研修を実施します。
 ①研修で基本を指導
 ②会社内で実践し、出来なかった事、難しかったこと、失敗したことを体感
 ③研修内で②の失敗談の解決策を指導
 ④会社内で修正したことを実践する
 ⑤⑥・・・研修での指導&会社内での実践の繰り返し
・6月下旬・・・IT企業の3ヶ月のシステム研修後のビジネスマナー研修
・9月下旬・・・IT企業の6ヶ月のシステム研修後のビジネスマナー研修

●新入社員の傾向

・知識が豊富(すぐに調べる)
・バーチャル経験はあるが実体験が少ない事が多い(イメージ力が乏しい)
・指示通りは出来るが、自発的な行動が少ない
・マニュアル以外の応用力がない
・厳しい言葉、態度を受ける経験がなく打たれ弱い

●新入社員研修での指導法

・イメージできるような研修ツールを用意する
・基本以外の応用まで研修内で経験(失敗)させる
・自発的な行動につながる言葉かけを指導する
・世代間の教育の違いを伝え、指導の変遷を理解させる(納得させる)

近年の新入社員では、キチンと理由づけを求める傾向にあり、それをすることで納得し、行動への自信がついていきます。

●新入社員研修カリキュラム例(2日間)

【1日目】ビジネスマナー研修基礎編(6時間)
1.社会人と学生の違いとは?
・学生からの気持ちの切り替えが出来ていますか?社会人の4つの意識を持つ
・なぜマナーが必要なのか
・マナー知らずが会社に与える影響とは?
2.ビジネスマナー5原則
・笑顔の大切さ
笑顔の段階的変化!仏頂面~最高の笑顔へ
・挨拶を戦力に
挨拶で他社に差をつける!挨拶こそ最高のアプローチ
・信頼につながる立居振舞い
お辞儀で見定められるおもてなし(接遇)の心!
お客様のご案内、美しい所作
・身だしなみで好印象
  身だしなみとおしゃれの違い!服務規程から見る身だしなみのマナー
・感じの良い言葉遣い
NGな言葉遣い、敬語の使い分けを楽しいゲームで理解
3.電話応対
・電話応対の基本
・名指し人不在の場合
・困った時の電話対応
・アポイントの取り方 アポイントの瞬間から決まる第一印象
・トークスクリプト練習
4.明日への宣言

【2日目】ビジネスマナー研修実践編(6時間)
1.社会人に必要な接遇の心
2.来客応対側のマナー
・受付
・案内(先導案内、対面案内)、ドアの開閉
・エレベーターでの注意事項
・席次
・呈茶
・名刺交換
・お見送り
3.訪問側のマナー
・持ち物チェック
・受付での名乗り
・名刺交換、名刺の置き方
・お茶の飲み方
・退出
4.ビジネス文書(外部文書、内部文書、郵送物)
5.ビジネスメール
6.総合ロールプレイング
・電話アポどり、来客応対、訪問、お礼メールまでトータルにロールプレイングを実施)
・サプライズ事例対応
7.一年後の自分 

新入社員フォローアップ(リフレッシュ)研修

新入社員研修フォローアップ(リフレッシュ)研修の時期は?

企業様のご希望にもよりますが、入社約半年後からの9月、10月、11月が効果的です。

新入社員の入社半年後の悩みは?
af0100037841

入社後を振り返って、この半年間でどんな悩みがありますか?これまでの弊社研修で500人以上のアンケートをとったランキングです。

●1位:人間関係
●2位:報連相の難しさ
●3位:業務に関して(スキル、内容)

1位、2位に関してはいずれも対人対応力、コミュニケーション力に起因する悩みです。3位の業務に関しても、相談したり質問したりできる先輩や同期との人間関係が築かれていれば解決出来るはずです。新入社員の皆様が半年経って悩んでいることのほとんどが『人間関係』と言えるでしょう。

残念ながら多くの企業で、この人間関係で悩み、心の病気になって会社に来れなくなったり、会社を辞めてしまったりする人がいるとご相談を受けます。

実はこの入社半年後の新入社員フォローアップ(リフレッシュ)研修の時期が一番彼らを救える時期なのです。これは未来ある彼らに会社で明るく活躍してもらうための研修です。

●社内・社外でのコミュニケーション力

FINESTの新入フォローアップ(リフレッシュ)研修では、新入社員が頭を悩ませる対人対応力、コミュニケーション力を身に付けます。

FINESTで開発したBMC(ブレインマネジメントカード)を使うことで、楽しく自分の特性が分ります。相手の特性も理解・納得することが出来ます。

人はそれぞれ違う。だからこそ、人に伝わるようにコミュニケーション法を選ぶ。今まで無意識に使っていた言葉かけが、相手のことを思うという意識で変わってきます。最適な言葉を「意識して」選ぶことで、相手が笑顔になったり優しくなったりします。同時にその言葉を選んだ自分に喜びを感じます。

自分と他人と同じになる必要はありません。自分の個性は大切に、相手の個性は尊重する。これがビジネスシーンで行うコミュニケーションです。

それは社内でも社外でも同じです。コミュニケーションを楽しむ。これがFINESTの新入フォローアップ(リフレッシュ)研修でご指導していることです。

新入フォローアップ(リフレッシュ)研修を受講するメリット

新入フォローアップ(リフレッシュ)研修を受講するとどんなメリットがありますか?

【新入フォローアップ(リフレッシュ)研修受講のメリット】

・同期と情報交換が出来る
入社後一人で悩んでいたことを同期に会って、意見交換・情報交換することで気持ちが楽になったり解決策のヒントをもらえたりします。

同業種、他業種の新入社員の傾向を知ることが出来る
FINESTの新入社員研修をご受講いただいた企業様は、9割この新入フォローアップ(リフレッシュ)研修をご受講なさいます。それによってFINESTは様々な新入社員の半年後の状態を知ります。新入社員の皆様も他の企業様の様子や傾向を知ることで、まだまだ足りないと危機感を持ったり、かなり頑張ったと成長を確認したり、今の自分達がどのステージにいるのかを客観視することが出来ます。

・ロジックで理解できる
体型だてた考え方を学ぶことで、これまで手さぐりで解決してきたことに理由が出来、納得が出来、分析ができます。何となくやってきたことは運まかせのことも多く、上手くいけば幸運ですが、上手くいかなかったときの会社の損失は計り知れません。

ここでしっかりとロジカルな指導を受け、今後の彼らの決断、行動にキチンとした理由づけを求めましょう。「この研修後彼らが自信を持って活躍しています」という嬉しいご報告を毎年多く伺っております。

●新入フォローアップ研修カリキュラム例(1日6時間)

1.入社後からこれまでの振り返り  失敗例、成功例の共有とグループ討議

2.BMC(ブレインマネジメントカード)による自己分析 自己紹介で自分を開示

3.BMC(ブレインマネジメントカード)による他社理解 4タイプ(火・地・風・水)の特性を知り、他人との違いを理解する

4.BMC(ブレインマネジメントカード)によるコミュニケーション法 4タイプに合わせた心地よいコミュニケーション

5.報連相の基本 報告・連絡・相談の違いと実践練習

新入社員研修&新入フォローアップ研修のお問い合わせ・お見積り・ご相談

企業様によって、お悩みが違います。先ずはお気軽に現状お困りのことをお聞かせください。御社に何が必要なのかご相談に応じ、最適な研修をご提案させていただきます。

問い合わせ女性

おすすめ講座

 

ページ上部へ戻る