新入フォローアップ研修

企業の人材育成

企業の人材育成で必要な事は、長期的な目線で社員に会社の『期待』を共有しながら指導する事です。

将来会社でこのように活躍してほしいという未来マップを提示し、今自分達がどこにいるのか、

次に目指すべきポジションは何処で、社内の誰が見本なのかを明確にすることが、

社内での目標が生まれ、離職率の低下につながります。

新入社員が1年目に目指すべきは、社会人としての業務スキルを習得し、業務におけるスペシャリストです。

新入社員フォローアップ研修 カリキュラム
新入社員育成年間計画

新入社員の育成を1年かけてしっかりフォローを行うことで、

次年度の新入社員を迎える際に立派な先輩に育ちます。

【新入社員研修】

4月上旬

入社後最初の段階で、ビジネスシーンで必要なマナーを身に付けさせる。

4月中旬~5月末まで

FINESTでは最長8日間研修を実施し社会人として必要な要素を御社に変わって指導します。

研修と社内実践を繰り返すことで、丁寧なフォローアップが出来、

新入のモチベーションを下げずに成長へとつなげる。

  • ①FINEST研修:基本を指導
  • ②会社内:研修内容を実践してみて、出来なかった点、難しかった点、失敗した点を経験
  • ③FINEST研修:②の失敗の解決策を指導
  • ④会社内:修正したことを再び実践
  • ⑤⑥・・・研修での指導&会社内での実践の繰り返し

6月下旬

IT企業の3ヶ月のシステム研修後に、配属前のビジネスマナー研修

【新入フォローアップ研修】

9月~10月

入社6ヶ月後に起きた問題点、成長点を確認し、次の目標設定を行う。

モチベーション曲線とスキル曲線のグラフ

上記のように、新入フォローアップ研修で記入してもらう新入社員成長曲線は、

スキル曲線が上昇する反面、モチベーションがマイナスまで下がってしまうものが9割である。

その理由のほとんどが、社内で充分な新入育成のフォローアップがなされていないことである。

ここでマインド面のフォローをしっかりしないと、離職率の上昇につながる。

そのことを踏まえてFINESTの研修では以下を実施する。

  • 社内で解決されなかった問題を、自ら解決する力を身に着ける。
  • 組織の一員として何をすべきかを理解し、自分の役割を認識し自信を回復する。

このフォローアップ研修が新入社員の成長、会社の成長に大きく寄与していくことに間違いない。

【新入受け入れ研修】

2月~3月

新入社員もいよいよ数か月で先輩となる。

この時期にしっかり先輩としての意識を持っていないと、いつまでも新入気分が抜けない。

先輩として何を身に着けるべきか。新しく入る新入に何を指導すべきかを再認識させる。

新入社員フォローアップ研修
新入社員の入社半年後の悩みは?

業務の相談をする人物

入社後を振り返って、この半年間でどんな悩みがありますか?

これまでの弊社研修で500人以上のアンケートをとったランキングです。

  • 1位:人間関係
  • 2位:報連相の難しさ
  • 3位:業務に関して(スキル、内容)

1位、2位に関してはいずれも対人対応力、コミュニケーション力に起因する悩みです。

3位の業務に関しても、相談したり質問したりできる先輩や同期との

人間関係が築かれていれば解決出来るはずです。

新入社員の皆様が半年経って悩んでいることのほとんどが『人間関係』と言えるでしょう。

残念ながら多くの企業で、この人間関係で悩み、心の病気になって会社に来れなくなったり、

会社を辞めてしまったりする人がいるとご相談を受けます。

実はこの入社半年後の新入社員フォローアップ(リフレッシュ)研修の時期が一番彼らを救える時期なのです。

これは未来ある彼らに会社で明るく活躍してもらうための研修です。

社内・社外でのコミュニケーション力

FINESTの新入フォローアップ(リフレッシュ)研修では、新入社員が頭を悩ませる対人対応力、

コミュニケーション力を身に付けます。

FINESTで開発したBMC(ブレインマネジメントカード)を使うことで、楽しく自分の特性が分ります。

相手の特性も理解・納得することが出来ます。

人はそれぞれ違う。だからこそ、人に伝わるようにコミュニケーション法を選ぶ。

今まで無意識に使っていた言葉かけが、相手のことを思うという意識で変わってきます。

最適な言葉を「意識して」選ぶことで、相手が笑顔になったり優しくなったりします。

同時にその言葉を選んだ自分に喜びを感じます。

自分と他人と同じになる必要はありません。自分の個性は大切に、相手の個性は尊重する。

これがビジネスシーンで行うコミュニケーションです。

それは社内でも社外でも同じです。コミュニケーションを楽しむ。

これがFINESTの新入フォローアップ(リフレッシュ)研修でご指導していることです。

新入フォローアップ研修を受講するメリット

新入フォローアップ研修を受講するとどんなメリットがありますか?

【新入フォローアップ研修受講のメリット】

・同期と情報交換が出来る

入社後一人で悩んでいたことを同期に会って、意見交換・情報交換することで気持ちが楽になったり解決策のヒントをもらえたりします。

・同業種、他業種の新入社員の傾向を知ることが出来る

FINESTの新入社員研修をご受講いただいた企業様は、9割この新入フォローアップ(リフレッシュ)研修をご受講なさいます。

それによってFINESTは様々な新入社員の半年後の状態を知ります。

新入社員の皆様も他の企業様の様子や傾向を知ることで、まだまだ足りないと危機感を持ったり、

かなり頑張ったと成長を確認したり、今の自分達がどのステージにいるのかを客観視することが出来ます。

・ロジックで理解できる

体型だてた考え方を学ぶことで、これまで手さぐりで解決してきたことに理由が出来、

納得が出来、分析ができます。何となくやってきたことは運まかせのことも多く、上手くいけば幸運ですが、

上手くいかなかったときの会社の損失は計り知れません。

ここでしっかりとロジカルな指導を受け、今後の彼らの決断、行動にキチンとした理由づけを求めましょう。

「この研修後彼らが自信を持って活躍しています」という嬉しいご報告を毎年多く伺っております。

新入フォローアップ研修カリキュラム例(1日6時間)

1.入社後からこれまでの振り返り

失敗例、成功例の共有とグループ討議。講師からの解決法。

2.BMC(ブレインマネジメントカード)による自己分析と他者理解

自己紹介で自分を開示し4タイプ(火・地・風・水)の特性を知り、他人との違いを理解する。

3.BMC(ブレインマネジメントカード)によるコミュニケーション法

4タイプに合わせた心地よいコミュニケーション(社内、お客様への対応力)。

4.報連相の基本

報告・連絡・相談の違いと実践練習。

5.組織としての行動

チーム力を発揮するには何が必要かを理解する。

新入社員研修&新入フォローアップ研修のお問い合わせ・お見積り・ご相談

企業様によって、お悩みが違います。先ずはお気軽に現状お困りのことをお聞かせください。

御社に何が必要なのかご相談に応じ、最適な研修をご提案させていただきます。

受講者の声

  • 報連相について分からないことがクリアになりました。ミスした時、問題が発生した時の対処がとても参考になりました。
  • BMC(ブレインマネジメントカード)のワークで、自分を客観的に見れたことが、今後の人間関係の構築にとても役に立ちました。
  • CAのホスピタリティを知ることが出来る機内体験があり「先を見越したケア」「会話から情報を得る」といった点は今後意識し活用して言います。1日で充実した内容でした。

【2018年10月 旅行会社/15名】

新入社員フォローアップ研修を依頼するなら【FINEST株式会社】までご相談ください。モチベーションの向上や離職を回避するためにも新入社員フォローアップ研修は重要です。【FINEST株式会社】では、マナー講師や各分野の専門性を極めたスペシャリストが講師として研修を行います。「新入社員の育成に力を入れたい」とお考えの際は、新入社員フォローアップ研修をご利用ください。

内容の必要事項をご記入の上送信ボタンを押してください。
*携帯電話から送信いただいている方に、弊社からの返信メールが届かないという事例がございます。
大変お手数をおかけしますが、携帯電話からのお問い合わせの方は、弊社PCメールfinest@finest.blush.jp からの受信ができるように設定をお願いいたします。

会社名 (必須) ※個人の方は「個人」とご記入下さい

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの種類
※以下お問い合わせの種類に☑を入れ(  )内をメッセージにご記入ください。

ご相談(無料相談ご希望の場合はご希望の日時、相談内容)お申込(受講される研修名、日時、住所、電話番号)資料請求(ご希望の研修)お見積り(ご希望の研修名、人数、研修時間、日数、出張の有無)ご質問(ご質問内容)その他

題名

メッセージ本文 ※600字以内でご記入ください

送信時にチェックを入れてください。

ページ上部へ戻る