チューター・チーフ研修

企業の人材育成

企業の人材育成で必要な事は、長期的な目線で社員に会社の『期待』を共有しながら指導する事です。将来会社でこのように活躍してほしいという未来マップを提示し、今自分達がどこにいるのか、次に目指すべきポジションは何処で、社内の誰が見本なのかを明確にすることが、社内での目標が生まれ、離職率の低下につながります。

【2~3年目】スペシャリスト

👉業務が完璧になったスペシャリストが次に目指すべきはチーフ・チューターであり、身に付けたいスキルはマネジメントスキルです。

sp

【4~5年目】チーフ・チューター

👉マネジメントスキルを身に付けたチーフ・チューターが次に目指すべきはリーダー・役職者であり、身に付けたいスキルは真のリーダーシップです。

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%95

部下への指導の軸となる企業理念

写真1企業の中で2~5年目の社員がすべきこと、それは後輩の育成。しかしながら自分の成功体験に頼って、様々な指導が行われ、後輩が混乱するケースが多く見受けられます。

彼らに必要なことは「企業理念」に基づいた指導です。

FINESTでは各社の企業理念を掘り下げて指導に軸があるチューター・チーフを育てます。

自社の企業理念を理解することで、会社の向かう先が一つになります。チューター・チーフが一丸となってまとまることで、企業が目指すべき目的地にまっすぐに進んでいきます。

チーフ・チューター研修カリキュラム

【チーフ・チューター研修 6時間例】

1.チーフの役割
2.チーフというポジション
3.企業理念の理解
4.自社の問題点の棚卸と行動指針
5.フレームワーク(解説&実習&発表)
6.傾聴力とリフレ―ミング
7.チーフの質問力
8.環境整備
9.チームの役割分担気付きのワーク

チーフ・チューター研修のお問い合わせ・お見積り・ご相談

企業様によって、お悩みが違います。先ずはお気軽に現状お困りのことをお聞かせください。御社に何が必要なのかご相談に応じ、最適な研修をご提案させていただきます。

問い合わせ女性

おすすめ講座

 

 

ページ上部へ戻る