接遇マナー研修(幸せしぐさ)

*接遇マナー研修(幸せしぐさ)は接遇パーサー養成プログラムの必修科目です。

「接遇」の心はあらゆる職種で必要とされます

00036761_72B

接遇の「遇」の字を辞書でひくと「おもてなし」と出てきます。「おもてなし」の心で接することが接遇です。
弊社を懇意にしていただいている企業様の中で、家事代行業者様、ケーブルテレビ様がいらっしゃいます。従来は技術さえあれば良かった職人気質の職種でした。ところが最近は技術だけではお客様が離れて行ってしまう!どんなにスキルが素晴らしくても、接遇の心がないとお客様が離れていってしまう。現場に向かわれる方々への接遇研修が必要だということで、弊社ではビデオ撮影で実際の自分の立居振る舞いを確認していただく研修や接遇の心を伝える講話などご依頼をいただいております。

なぜ接遇の心が必要なのかをご説明し、お客様の気持ちになって対応できる力を身に付けられる指導をいたします。

接遇=「おもてなし」の心を伝えたい!

接遇=「おもてなし」の心を、あなたならどのように表現しますか?
心の中が「おもてなし」の気持ちでいっぱいでも、きちんと「形」で表現しないと相手には伝わりません。「私の気持ちを分かってくれ!」といくら心の中で叫んでも、相手には形で示さない限りわからないのです。
見えない「心」を「形」で表してこそ「おもてなし」と言えるのです。
おもてなしという「形」の箱があるとしたら、中に何が詰まっているのでしょう。FINESTの研修ではその箱の中身をご指導します。
接遇マナー研修(幸せしぐさ)1

●「幸せしぐさ」はどのように生まれたか

FINESTの研修では、古き良きものを忘れないように、現代に取り入れたものを「幸せしぐさ」と呼んでワークに取り入れています。

何故そのような「おもてなしのこころ」が生まれたのか。その背景にある日本人のハイコンテクスト。外国人のローコンテクストとの違いを比較することで、日本人の特性と海外から称賛されるおもてなしの理由がわかります。今日本の若者たちはローコンテクストと言われます。日本人が大切にしているものの中にある多くの接遇のヒントを得て、接遇の心を後世に語り継いでいきましょう。

●おもてなしの心を行動化すること=「幸せしぐさ」

古き良き時代の人たちが大切にしてきたことを、 現代でどのように活用したらよいのか?それをFINESTがワークを通じて学んでいきます。
「粋iki」なしぐさは幸せを運びます。「野暮yabo」なしぐさで敬遠されないようにしたいものですね。FINESTのビジネスマナー5原則は「幸せしぐさ」に通じています。

®「幸せしぐさ」は商標登録されております。

 

●SNSのマナーにも「幸せしぐさ」を(学校向け講話)

昨今のSNSでの誹謗中傷をみると、自分の正義だけを主張し相手に対する思いやりが欠けているように感じられる時があります。とくにまだ言葉の使い方、相手への配慮について深く考えずにSNSを楽しむ中高生のトラブルはあとを絶ちません。

私たち大人の使命として、接遇の心である「幸せしぐさ」を浸透させ、皆が相手を思いやる気持ちと、相手を成長させるという意味合いでの注意喚起、自分と周囲との間に「優しい気持ち」を持って、関わりを持っていける社会にしていきたいと思います。

FINESTセミナースクールの接遇マナー研修

●接遇マナー研修日程(公開講座)

【1日3時間コース】

▼最新の公開講座の日程はこちらから

1.AIに勝てる接遇力とは?
AIと人間のそれぞれの良さを理解し、それぞれがどの部分で活躍できるかを考える。
2.日本人のハイコンテクストが生み出す接遇力(幸せしぐさ)
ローコンテクストの外国人と、古き良き日本人のハイコンテクストの違いを知る。日本人が培ってきた接遇力を幸せしぐさとして紹介し、現代の接遇マナー5原則に照らし合わせる。
3.日本人の忖度力ワーク
「忖度」とは相手の思いを推し量ること。つまりはお客様の真のニーズにたどり着くこと。FINESTオリジナル忖度ワークで、お客様のニーズをキャッチ。
4.チームで接遇力を高める。
接遇はチームで高めることで、組織全体~会社全体の評価となって帰って来る。チーム力を高めるための承認欲求を満たすワーク。

●接遇マナー研修料金(公開講座)

・料金:3時間コース 14,000円(税別)
・定員:18名

 *公開講座は、2名以上で開講が決定いたします
 *FINEST株式会社の研修ルームFINESTセミナースクールで実施します。

▼さらに上を目指す方はこちら 

接遇マナー研修オーダーメイド(カスタマイズ)

企業様のお悩みに応じて構築する接客マナー研修です。
受講料 :受講人数、研修時間によってお見積りをお出しします。

ページ上部へ戻る