電話応対レッスン1

■出だしの応対■

電話は突然にかかってきます。新入社員が電話を取れないというご相談をよくいただきます。
まだ引先の会社名も分らず、誰が掛けてくるかも分らず、緊張して不安でいっぱいの新入時代。
af9940050204

でも安心してください。実は電話応対の出だしはシンプルです。基本のパターンをしっかり覚えれば間違いのない対応ができます。
まずは、電話の出だしをしっかり覚えて自分のペースをつかみましょう。

トークスクリプトは以下の通りが一般的です。
下の電話練習で何度も練習し、「自信」と「安心」を得ましょう!

【トークスクリプト】

☆かけ手 トゥルルル・・・・、トゥルルル・・・・
★受け手 お電話ありがとうございます。 ABC商事(の山田)でございます。
☆かけ手 私、いろはカンパニーの田中と申します。いつもお世話になっております。
★受け手 いろはカンパニーの田中様でいらっしゃいますね(*1)
いつもお世話になっております。
☆かけ手 営業部の片山様いらっしゃいますか?
★受け手 営業部の片山でございますね(*2)

*1 お相手に対しては「いらっしゃいますね」の尊敬語を使います。
*2 「ございますね」は自分側に使う丁寧語です。
間違えないように注意しましょう!

それでは、電話応対を声に出して練習してみましょう。
あなたが★マークの受け手です。テープの声が☆マークのかけ手です。

「ピッ」音が話す合図です。(出来る方はドンドン読み進めてください。)
それでは、スタートボタン▶を押して始めてみましょう。

【音声練習】

☆トゥルルル・・・・、トゥルルル・・・・

★お電話ありがとうございます。 ABC商事でございます。

☆私、いろはカンパニーの田中と申します。 いつもお世話になっております。

★いろはカンパニーの田中様でいらっしゃいますね。 いつもお世話になっております。

☆営業部の片山様いらっしゃいますか?

★営業部の片山でございますね

 

電話応対レッスン2
■商談中、会議中の場合の応対■
 へ進みましょう!

 

矢印電話応対に不安を感じる方は電話応対研修へ

 

ページ上部へ戻る