CAの機内おもてなし研修(接客接遇マナー)



大人気!CAキャビンアテンダントの機内おもてなし体験


FINE AIRLINE(ファインエアライン)へようこそ!

弊社の講師は元ANAのCA キャビンアテンダントです。ANA時代に当たり前にやってきたことですが、
「元CA キャビンアテンダントさんは凄いですよね。どんな教育を受けてきたのですか?」
と尋ねられることが多くあります。

実はお客様への細かい気配りは、訓練所の中よりも実際の機内で先輩達やお客様の反応から培われてきました。現代においては、先輩も業務を多く抱え、充分に後輩にアドバイスや指導が出来なくなった時代になりました。先輩からの手厚い指導を受けられない方々が増えています。

CA キャビンアテンダントの気遣いは、生まれ持ったものではありません。先輩の指導によって成長するものです。今、指導導時間が捻出できない先輩方に代わって、このCAの機内おもてなし研修でFINEST講師が部下の指導を請け負います!
CAキャビンアテンダントのサービスを体感し実践してみることで、あなたのおもてなしのサービスに大きな気付きが訪れます。
FINE AIRLINE(ファインエアライン)でCAキャビンアテンダント体験のご搭乗をお待ちしております。

CA体験動画のご紹介

この研修はどのような人が受講しますか?

接客業に従事していてスキルアップを目指す方。
日本人の「おもてなし」サービスを体験したい方。
●CA(キャビンアテンダント)の気遣い、チーム力、報連相を体感したい方。
CA(キャビンアテンダント)職を受験する方


CAキャビンアテンダントのおもてなしサービスを自社に!


CAの機内おもてなし体験研修からの学びは、各企業それぞれです。実際の研修前には念入な打ち合わせを実施し、各社に合わせた内容で実施します。
時には、機内の事例に各社でよくある困った事例を取り入れ、対応の見本をお見せすることもあります。

●CAならではの情報共有”プリブリ””デブリ”とは?

CAの機内サービスは、クルー間の情報共有が徹底されるからこそ、おもてなしのスキルを発揮できます。その情報共有のための大事なポイントが『プリブリ』と『デブリ』です。

『プリブリ』とはプリブリーフィング(Pre-Briefing)の略で、フライト前の打ち合わせの呼び方です。そのフライトの運行状況、緊急時の対応、サービス内容、役割分担などを確認します。

『デブリ』はデブリーフィング(De-Briefing)の略でフライト後の振り返りです。ANAではこの『デブリ』を到着後1時間程かけてしっかり行います。他航空会社では空港で解散してこの『デブリ』が無いことが、企業の成長を大きく左右したとも言われています。

是非この『プリブリ』『デブリ』から、組織の報連相、コミュニケーションを見直すヒントを得てみませんか?

●CAの機内おもてなし研修の内容

《飛行機搭乗体験編》

(1) 実際にお客様役になり、FINE AIRLINEのフライトに搭乗していただきます(模擬会議室)。搭乗から降機まで機内サービスを体験します。
(2) 機内サービスでの気付きをシェアします。
(3) CAだけが知る機内サービスの秘訣を伝授します。

《CAの機内サービス体験編》

(1) 模擬『プリブリ』の再現とその効果を知り、実践します。
(2) CAの機内サービスメソッドを実践します。
(3) CAの機内アナウンスを体験します。
(4) 模擬『デブリ』の再現とその効果を知り、実践します。
(5) CA業務を自社の業務にリンクし実業務に活かします。

*女性:CAのスカーフの巻き方を選んで各自で付けます。
    巻き方の指導もいたします。オプションでメイクカラーも実施します。
*男性:パーサーネクタイとパーサーバッジを付けます。

●CAの機内おもてなし研修料金

(1)3時間研修(フルバージョン)
    20万円(税別)
(2)2時間研修(事例、CA体験が3時間よりも少なくなります)
    15万円(税別)
*(1)(2)ともに出張の場合、交通費・出張費を別途頂戴します。


CAのおもてなしを体験できる公開講座


●その1:お客様体験~接客マナー上級研修~

接客マナー上級研修では、店長、リーダー向けの研修内容に加え、
機内のCAの「おもてなし」サービスを「乗客(お客様)役」で是非体感していただきます。
CAのサービスのノウハウを知り、自分達の店舗で活かされるものはないか考える研修です。
古き良き時代のCAのおもてなしを惜しむことなくご提示します。
(現役CAキャビンアテンダントの方もご受講いただいております!)

その2:CA体験~接客ブートキャンプ+plus

接客ブートキャンプ+plusは、本気で接客の上達を目指す1日間9時間の接客対応漬けの研修です。
その中で、自分達が「CAキャビンアテンダント役」で実際に機内のCAの「おもてなし」サービスを実践してみる内容があり、立居振る舞いや言葉かけを徹底指導いたします。
頭での理解だけでなく、体で実践してみることで多くの学びがある研修です。


CAの機内おもてなし研修の様子


●担当講師より


皆様こんにちは。私たちFINESTの講師陣がCA時代に培ったおもてなしの心を指導します。たちも最初からおもてなしのサービスが出来ていたわけではありません。
先輩の厳しく愛情ある指導で、お客様の為に「気付く」ことが出来るようになりました。
おもてなしのサービスは後から身に付けることが出来るものです。
たちが責任をもって指導します。是非、CAの機内おもてなし研修で、様々な「気付き」と「行動」を持ち帰ってください。

●研修のポイント

●CAのおもてなし指導のポイントは4つです。
①CAキャビンアテンダントの目線
②CAキャビンアテンダントのお声掛け
③CAキャビンアテンダントのチームワーク
④CAキャビンアテンダントのアイディアと権限委譲

49489 - コピー
アンケートにはぎっしりと体験での気付きを記入してます。

●研修の様子


講師が見本を示し、実際にサービスを実践してみます。
*CAスカーフ、エプロン(女性)、ネクタイ、バッジ(男性)を着用します。

49486
飛行機出発前のキャプテンブリーフィング、クルーブリーフィングでは真剣にメモをとります。


ペッパー機長は大人気です!

DSC00401.
CAキャビンアテンダントと違う職種、オフィスワークでも多くの学びがあります。


カートを押す際にもお客様の腕にぶつからない配慮をします。

DSC00404.目線を合わせる。相手の立場を考えることが自発的に出来るようになります。

CAキャビンアテンダントの機内おもてなし講座受講後には、昨日の自分よりもワンランク上の自分が待っています。先ずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・お申込みはこちら

内容の必要事項をご記入の上送信ボタンを押してください。
*携帯電話から送信いただいている方に、弊社からの返信メールが届かないという事例がございます。
大変お手数をおかけしますが、携帯電話からのお問い合わせの方は、弊社PCメールfinest@finest.blush.jp からの受信ができるように設定をお願いいたします。

    会社名 (必須) ※個人の方は「個人」とご記入下さい

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせの種類
    ※以下お問い合わせの種類に☑を入れ(  )内をメッセージにご記入ください。

    お問い合わせ(お問い合わせ内容)ご相談(無料相談ご希望の場合はご希望の日時、相談内容)お申込(受講される研修名、日時、住所、電話番号)お見積り(ご希望の研修名、人数、研修時間、日数、出張の有無)その他

    題名

    メッセージ本文 ※600字以内でご記入ください

    送信時にチェックを入れてください。