【接客マナー研修・上級】にはタイプ別コミュニケーション研修が必須


FINESTはANA CA経験者の講師陣ということもあって接客マナー研修のご依頼が多いことも特徴です。

多様化する時代の接客マナー

機内のCAのおもてなしの真髄を知りたいというニーズも高く、お客様対応にもうひと工夫、もうひと声の対応力ができるヒントがたくさん網羅されています。

そしてさらに上を目指す接客対応に必要なことは、お客様お一人お一人への個別の対応力を身につけることです。同じ対応をしても、喜ぶお客様と不機嫌になるお客様がいいらっしゃいます。それはそのお客様のタイプを見極められなかったからです。

様々な個性が尊重される多様化する時代にこそ、タイプ別の対応力を身につければ他店との差別化が図れます。

▼タイプ別のコミュニケーション力を身につける研修はこちら

接客マナー実績企業のお声

ワンランク上の接客マナー研修を求める企業様事例として、グランカルビーやグラノヤを展開するカルビー様で阪急阪神デパート様への開店準備や、ミサワホーム様のインテリア家具販売の接客マナー研修などに、タイプ別コミュニケーション研修を取り入れました。

スタッフの満足感を高めるためにも効果的な内容です。

●店長(監督者)のお声
スタッフの特性を知れて今後の指導に大変参考になった。皆の考えたかが知れて、チームワークが強まった!離職力を低下させるためにも適材適所に人員配置することも必要だと感じた。

●スタッフのお声
お客様のタイプ別に喜ばれる言葉かけが分かったのがとても良かった。なぜなら今までお客様に同じ声かけをしても、それぞれ反応が違うと思って悩んでいたが、人それぞれ感じ方や行動パターンが違うと知れてとても納得した。

自分のタイプもわかり、これまでの友人や家族との関係性でおこるプチトラブルも納得がいった。これからは上手く対応できそうだ。

ぞれぞれの立場で、それぞれに活かせるコミュニケーションツールBMC(ブレインマネジメントカード)です。
▼タイプ別のコミュニケーション力を身につける研修はこちら

関連記事