【広告プロデュース業】外国人の社員に日本のマナーを知ってほしい


FINESTは2013年より外国人の方向けに日本のビジネスマナー研修を始めました。いつも受講された外国人の方に言っていただくのが、「もっと早くにこの『外国人のための日本のビジネスマナー研修』を受講したかった。」
外国人の皆様が悩まれる問題の多くは、文化の違いを理解していないことです。最初にその文化の違いを伝えることで、彼らは「納得」し、日本のビジネスマナーの必要性を「理解」してくれます。

この「納得」と「理解」があれば、「行動の継続」につながります。FINESTは一人でも多くの悩める外国人の方と、彼らをマネジメントする日本企業のお役に立ちたいと思っています。


日本で働く外国人のために日本のマナーを知ってほしい


企業のお悩み

外国人を採用したものの、日本人とのコミュニケーション上で齟齬が生じ、彼らの持つスキルが最適なパフォーマンスを発揮するに至っていない。

【FINESTに研修を決めた理由】

弊社東京事業本部で初めて海外留学生の新卒社員を採用することになり
外国籍社員向けのセミナーを探していた。
FINEST様の研修内容が日本文化への理解から日本における基本的なビジネスマナーや
コミュニケーション方法にまで細やかに指導していただけるような内容でしたので依頼した。

また受講者の希望もあった。

問題解決につながるマナー研修

下記の内容でオフライン(対面)での研修を実施した。

①日本人、日本の文化を理解しビジネスにおける業務の進め方を理解する。
②日本人が実施しているビジネスマナー5原則を学ぶ。
③実場面を想定し、ロールプレイングの中で実践力を身に着ける。

受講後のお声

【担当者】
受講後数日しか経過しておりませんので、まだ急激な変化はまだみられませんが
本人が不安や疑問に感じていた事が今回の受講により少しでも解消され
今後働いていく自信となり、自ら行動に移せるようになることに期待します。

【受講者】
・日本の細やかなマナー、対応力を知ることができ、日本人をよく理解できた。
・なぜこのような行動をとるのかの理由が理解できたため、今後行動に移す際に気持ちとの矛盾がない。
・電話応対は苦手意識があったが、トークスクリプトを入手することができたのでこちらを見ながらしっかり対応できる自信ができた。

関連記事