【新入社員40名 電話応対マンツーマン研修】



新入社員は電話応対が苦手?!


企業のご依頼内容

こちらの企業はIT関連の企業様です。新入社員40名への電話応対研修を、オンライン&マンツーマンで実施知って欲しいというものでした。

4月に新入社員研修はオンライン研修で実施済みでしたが、電話応対は簡単にテキストを読んだ程度で終わっていたとのこと。実践に特化した電話応対研修を実施して欲しいとのことです。

40名をマンツーマン研修で実施し、その研修を他の新入社員全員がオブザーブして聞き、参考にするという形式をご希望でした。
3か月に渡り1日2名ずつ、毎回違う事例を用意して、電話応対研修をオンラインで実施しました。

新入社員マンツーマン電話応対研修のメリットは

新入社員全員が一人の電話応対を聞いているということ状態は、実施者にとってはかなりの緊張感があります。しかしビジネスシーンの緊張は研修の比ではありません。
今回の研修で得られた多くのメリットをご紹介します。

①40名分の事例が自分の財産になる。
自分の担当した事例以外の受講者と講師のフィードバックを聞けることは、未経験での疑似経験の共有になる。

②本当のお客様対応の前に研修で失敗しておける。
社会人として電話対応をしたことがない新入社員の皆様は、つい言ってはいけない言葉を発したりお客様に対して失礼な言葉選びになってしまうことがある。
それを研修で実施しておくことで本番の電話応対でのリスクヘッジになる。

③受講者同士のフィードバックで相手の良いところを見れるようになる。
今回受講者同士でもフィードバックをしてもらうことで、自分以外の対応を真剣にオブザーブすることができていた。そして相手の良いところを見つけ出すという行為は、お客様や社内の人間関係にも良い影響を与え、そのための良い練習になった。

担当者のお声

・こちらの希望が変わるたびに即対応していただき感謝しています。
・受講者の実践の場所を持つことができて良かった。
・40事例を作成していただき、バリエーションを持った対応ができるようになると期待する。
・毎回個人の報告書を仕上げていただき、受講者もとても喜んでいました。ありがとうございます。

FINESTの思い

FINEST講師総動員で、3か月に渡ってのご指導でした。うまくできなかった受講者からは「リベンジ」で
もう一度やらせてほしいというご要望があったりしました。新入社員の皆さんの電話対応が上手くなりたい、成長したいという気持ちが伝わってきました。

今回オンラインで、電話応対研修だけの関わりでしたが、新入社員の皆様が希望を持って業務に当たれるようにお手伝いできたことに感謝します。
FINESTのコーポレートアイデンティティが「未来ある世代を本気で育てます!」で、その実践につながっていくことが嬉しく思います。

関連記事