【クルーズプラネット様】役職者研修



役職者が一番輝いて見える企業


67926

 企業のお悩み

HISのグループ会社であるクルーズプラネット様の役職者研修を2回に分けて実施いたしました。クルーズ業界はご利用者数も増え、毎年売り上げ目標を上回る成長を遂げています。

FINESTはこのように飛躍的に業績を上げられる企業を多く見てまいりました。そしてこの業績に反比例して社内のマネジメントが行き渡らなくなっていく状態も多くみてまいりました。

今回のご依頼も同様のケースで、業績アップの陰でどうしても業務が多忙になり、部下への指導も丁寧に行うことができなくなり、最悪の結果として離職率がアップしてしまうということも危惧されての研修のご依頼でした。

社内の体勢を見直し、まずは管理職が組織をしっかりとマネジメントできる>仕組みをしっかり創り上げることが目標です。

 問題解決のための研修内容

実践中心のグループワークを行い、普段使わない能力を発揮し、他役職者の考えを共有することを目的としています。
最終的に経営者意識を持って今後の業務にあたるべく記者会見で宣言をしてもらいました。

・自社の企業理念を掘り下げる(ライバル会社との違い)
・問題解決のフレームワーク6選
・俯瞰的に物事をとらえるグループワーク
・具体的に物事をとらえるグループワーク
・組織の指導体制
・経営者意識を持つ記者会見ワーク

 受講後のお声

【TOPのお声】
受講内容を早速次の日の朝礼で活用している点から実りある研修だったと感じ取れました。受講後社内に戻ってきてからの彼らの表情がイキイキとしており、業務で疲弊していた表情が一変していいました。その影響は部下にも波及し社内の雰囲気までも変えるものでした。彼らが社内で輝いてくれることが会社の未来を成長に導いてくれると感じる瞬間でした。
ついつ役職者の研修は後回しにしがちでしたが、研修の大切さを改めて実感いたしました。

【受講者のお声】
・いつも一緒に業務をしていながら、それぞれの考え方をより明確に知る機会になった。自分にない考えを持つ相手に対してリスペクトの念を持つことができた。
・チームで様々なワークをすることで、取り組みの個性が現れ、この経験が部下への指導に役立つと感じた。みな自分と同じではないと理解することが業務遂行上欠かせないことだとわかった。
・記者会見ワークで、TOPとしての広い視野を体感できたことは大きかった。目先のことだけにとらわれっていた日常を顧みることができた。外部研修の良さがよくわかった。

 FINESTからの思い

ご受講者の中には業務がお忙しい中、研修に時間を取られることは非効率だと感じる方もいらっしゃいます。しかし今回ご受講の皆様は、研修の項目一つ一つを真剣に取り組んでくださり、時間を作ってこのような研修を受講することの意義を見出してくださったことに研修の成果を感じています。

何よりも、皆様が笑顔で社内に戻って早速研修の実践をしてくださったという報告は、大変喜ばしい限りです。インプットからアウトプットまでの時間が短ければ短いほど研修の成果が定着してくきます。皆様の益々のご活躍kが楽しみです。

関連記事