【セコツールズ・ジャパン様】外国人顧客へのビジネスマナー研修



外国人のお客様への対応


企業のお悩み

今回2つの点において改善したいと考えていらした。

1点目が、本社がスウェーデンにあることもあり外国人のお客様対応が多い環境にある。ところが、どうしても日本人の謙虚さが前面に出てしまい、外国人の方に十分な対応ができていないのではないかと感じている。

2点目が、中途採用の方も増えてきて、それぞれ以前所属していた企業のアイデンティティを基にお客様対応をしてしまい、組織として対応がバラバラになってしまうことを危惧している。会社で統一したビジネスマナーを整えたい。

問題解決につながるマナー研修

【日本人対応】
・顧客感動とは?
・ビジネスマナー5原則の再確認
・名刺交換
・電話応対
【外国人対応】
・自己紹介
・握手
・英語でのスモールトーク

受講後のお声

・今まで知らなかったことがたくさんあった。
・間違ったマナーをしていたことに気づいた。
・挨拶や外国人の方とのスモールトークがとても参考になった。
・NGな握手の仕方をしてしまっていたことが分かった。早速気を付けたい。

英語でのスモールトークは話の流れをつかむと、皆会話を楽しむことができるようになった。会話のリズムがつかめると話が弾んでいく。

受講形式はオンラインとオフラインと同時受講であり、リモートの方の理解度を懸念していたが、リモート受講の方より移動時間を節約できて効率的な受講であったとのご意見が多かった。

今回それぞれ受講可能な場所から、可能な範囲でごも受講しようとする様子が見られた。ご担当者が受講前アンケートを実施して、ビジネスマナー上で困っていることなど事前にまとめるうなど尽力していただき、そのことが受講率の高さと受講姿勢につながったと考えられる。

関連記事