接客ブートキャンプメール課題解答 21日目


今あなたは、同じ部署の山田さんと細川さんに依頼された仕事をしています。
そこに上司の後藤課長が来て、
【別の案件を処理して欲しいと仕事を持ってきました。】
このような時あなたはどのような声掛けをしますか?

①クッション言葉
後藤課長、大変申し訳ございません。
②理由
実は今、同じ課の山田さんと細川さんにも依頼されている案件がございまして、
③肯定形
今日中に全てを処理するのは難しい状態です。
④代案
≪代案1≫
山田さんと細川さんの案件は今日中に終わりますので、明日のお昼12時まででしたら、
後藤部長の案件を仕上げられると思います。
≪代案2≫
もしくは山田さんと細川さんにお話しして順番を調整出来れば今日中に対応できるかと思います。
⑤意向を伺う
いかがいたしましょうか?
(じゃあ、明日のお昼までで良いのでお願いします)
⑥感謝
ありがとうございます。明日までに仕上げます。
もし途中で何かあれば、進捗をご報告させていただきます。

 

この事例はよく研修の中で質問があるものです。そしてよくしてしまいがちな対応が、全て抱えこんでしまって、結局納期に間に合わずお叱りを受ける、というものです。

上司は事情が分からずにお願いしていますので、今の状況を説明しましょう。その上で、納期を伸ばすのか、他の仕事を調整してでも先にやって欲しいのか、上司が判断してくれます。
相談もせずに自分で勝手に判断し、後で叱られるということがないように、
クッション言葉を用いて丁寧に確認しましょう。
この業務が遅れることで、お客様に迷惑がかかることは一番避けたい事です。

また何かトラブルや遅れが出そうであれば、早め早めに進捗の経過報告をしておくことで、経験ある上司から適切なアドバイスをもらえたり、リスクヘッジができます。

「1人で抱え込まない!」これがビジネスの秘訣です。

ページ上部へ戻る