『接客ブートキャンプ+plus』研修をスタート! 1日9時間で完成された接客力や対人対応力を身に付ける

2020年1月より、AI時代に必須の接客力を身に付ける『接客ブートキャンプ』研修をリニューアルし、
『接客ブートキャンプ+plus』として1日9時間で完成された接客力や対人対応力を身に付けられる研修を実施します。

▶『接客ブートキャンプ+plus』
https://finest-all-season.com/ca-sekkyaku-boot-camp/

■接客ブートキャンプ研修の絶対的な強み

1. セミカスタマイズで受講者一人一人の悩みを解決

受講者の悩みは様々です。そして本気で悩んで受講します。1日9時間で変わりたいという思いにこたえる為に、最初に「受講の達成目標」を宣言してもらい、その場でカリキュラムをその人に合わせた内容で組み替えます。

これは、これまで延べ10,000人以上500社以上の受講者を指導してきた、FINESTだからこそ出来ることです。

2. コミュニケーションが不得意でも、言葉が出てくるFINESTメソッド

FINESTがこれまで培ってきた接客指導の中で、効果的だったものだけを選び出したものが、FINESTメソッドです。このFINESTメソッドをアクティブトレーニングによる反復練習をすることで、9時間後には驚きの成果をあげます。

3. CAの機内対応のノウハウを伝授

CAの接客スキルのポイントは、「初めて顔を合わせるクルー間でも」「短時間(飛行機が着陸準備に入る前)に」「キャビン(客室内)で多くの視線を意識しながら」対応するスキルです。それらの事例をお見せしながら、受講者の皆さんにも実践してもらいます。

4. ビデオ撮影で自分を客観的に確認

これまでの接客研修の中で、一番効果的な方法はビデオで自分自身を確認することでした。「まさかこんな表情だったなんて、こんなに姿勢が悪かったなんて」等、自分をスクリーンで見た時の驚きから直すべきポイントがより明確になり、自己課題の認識につながります。そして受講後美しい対応が出来るようになった自分を見て成長を感じます。

5. 受講の翌日から1ヶ月間毎日「接客話法の問題と解答(Q&A)」をメールにてお送りします。

これはすべての研修に言えることですが、受講者にとって一番の難関が「継続」です。研修の効果やモチベーションは「研修時がピーク」で後はどんどん下がっていきます。

この下降曲線を留める為に、FINESTは研修後もフォローいたします。

研修の復習や新たな課題もメールで送られてきます。1ヶ月の「継続」は「定着」へと変わります。

▶『接客ブートキャンプ+plus』の詳細はこちら
https://finest-all-season.com/ca-sekkyaku-boot-camp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る