【TDK様】朝礼講話&来客対応のビジネスマナー研修


定期的にご依頼いただいている朝礼講話では、工場全体で同じ意識を持っていただくために3日に分けてスローガンの確認とよりスキルアップのためのお話をしました。

中には夜勤明けの方もいらっしゃり早く休みたいと感じていたと思いますが、全員が前を向いて聴講してくださったことに感謝いたします。更にはアンケートに、逆に講師に対して「朝早くからありがとうございます。」といったねぎらいの言葉も書いてくださる方もいて胸が熱くなる思いでした。そのような姿にTDK様のおもてなしの心を感じます。

技術だけではなく、人に対する「心」の指導を続けるTDK様に、テクノロジーとハートの両立を感じます。


マナーの力で工場の挨拶の徹底化を図りたい!


企業のお悩み

TDKの最先端のモデル工場ということもあり、お客様が連日絶えなく見学にいらっしゃるとのこと。その中で工場をあげてお客様をおもてなしの心でお迎えしていることを示すために、接遇のスローガン「世界一のあいさつ」を掲げてあいさつを徹底している。

このスローガンの行動化と継続、そして更なるモチベーションアップのために、定期的な朝礼講話で士気を高めて欲しいというご依頼。また、お客様をお迎えする際の来客対応のマナー研修を各担当者やリーダー、指導者に実施し、自信をもって来客対応ができるような指導を希望。

問題解決につながるマナー研修

【朝礼講話】
・「心」を「形」に表すことこそマナーである
・ANA CA時代の「あいさつの『ナンバーズハイ』」経験
・「笑顔」が生み出す連鎖

【来客対応のビジネスマナー研修】
ニーズ別に受講項目を分けて6回の実施。各自受講したい項目を受講できるように工夫。
・管理職としての自己管理
・お出迎えとお見送りのマナー
・名刺交換
・呈茶のマナー

受講後のお声

【担当者】
自社での取り組みを徹底しているものの、外部講師の方に客観的な目線で指導していただくのはとても効果的だと感じた。

部門によっては製品の説明時プレゼンテーション研修を受講したいなど、一度学びを得るとさらに上を目指す志も見られ、様々な相乗効果を感じている。

【受講者】
・ただ挨拶するだけではなく、笑顔が大切であると実感した。早速実践していきたい。
・最初からできる人はいないというANA時代の話が参考になった。
・今まで自己判断でやってきたマナーがあり、今回のような機会を設けてもらい会社に感謝している。
・とても勉強になったので他も部署でも受講し工場で統一したスキルを保てると良いと感じた。

【受講者様のアンケートより】

「講師というよりは同じ仲間と感じた。」
これこそが、いつも企業様のお悩みに応えながら対応してきたFINESTの思いです。一緒に問題に立ち向かい解決していきたい!そんな気持ちが通じ合うとき仲間として受け入れてもらえたのではないかと感じます。

FINESTは皆様の仲間です!どのようなお悩みでも一緒に解決していきます。まずはご相談ください。

関連記事